MVNOの収益モデルと提供されるサービス

by author



従来のスマートフォン料金に比較して、格安スマホと呼ばれる商品が携帯電話各社からだされていますがなぜこれらのスマートフォンの利用料金は安いのでしょうか。また安いことにより不都合な点などはないのでしょうか。これらの疑問を解消するために仮想移動体通信事業者と訳されるMobileVirtualNetworkOperater頭文字を取ってMVNOという概念を理解する必要があります。



スマートフォンや携帯電話で会話やメールなどを利用するためには、その機種から近場の電波塔に電波が届きそこから相手方等に向けて電波が発信される環境が必要となります。
そして従来の携帯電話会社はこの無線通信回線設備(いわゆる電波塔みたいなものなどを含む)を自前で整備して電気通信事業者として総務省の登録を受けていました。



このため自前の設備を整備するコストを利用料に計上する必要があったためそれなりの金額が必要となっていたのです。

それに対してMVNOはこの無線通信回線設備を自前では持ちません。


この自ら整備した事業者から設備を利用させてもらったりしているのです。

この仕組みによるとMVNOは設備を整備した事業者に電波設備使用料を支払う必要がありますが、建設コストを回収するという必要性はないため、ざっくり考えるとこの使用料分に利益を上乗せしてスマートフォン等の通信サービスを提供すればよいのです。


しかし、これでは設備設置会社に高い利用料を支払っているユーザーからすると機能が同じならみなMVNOに移動してしまう可能性があります。


このような事態を避けるために通信速度などのインフラに差をつけて設置会社と契約しているユーザーの優遇を図ったりしています。