SIMとは一体どういうものだろうか

by author



スマートフォンを利用したりする上で耳にする事も有る言葉の一つがSIMです。

正しくはSIMカードと言い、このカード自体は非常に小さなICチップが入った構造をしています。



その中には携帯電話番号と対応しているカード固有のIDが組み込まれている状態になっており、それをスマートフォンだけでなくタブレットに挿入する事によって、登録しているキャリアの契約内容出通信が出来る様になります。つまり、SIMカードとは通話、通信をする上での身分証明の様な役割を担っているのです。ただそもそもスマートフォンを始めて購入する場合は勿論の事、機種変更する場合も利用者が自分で挿入する必要はまず有りません。
この場合、既にそのキャリアのショップのスタッフが予め挿入した物を渡してくれるからです。その為、スマートフォンやタブレットで通信する場合は必要になるカードなのですが、そのカードの存在自体全く意識しなくても利用できる状態になっています。



また現在では大手キャリアに比べると利用料金を安く設定している格安SIMも存在しています。



これはMVNOと呼ばれる事業者が扱っているサービスを利用する物で、従来の大手キャリアの利用料金に比べると安く通信・通話が出来るようになるものです。

現在はSIMフリーとなっている機種を利用するか、現在利用している物のロックをキャリアに外してもらって挿入し直す形で格安タイプの利用は可能になります。

勿論この場合は自分で挿入する必要が出てきます。