なぜMVNOが乱立する状況にあるのか

by author



MVNOとはMobileVittualNetworkOperaterの頭文字をとった略語で、日本語では仮想移動体通信事業者とされています。この事業の特徴としては無線通信回線設備を自ら設置せずにスマートフォンや携帯電話などの移動体に関する通信サービスを提供していることです。一般的には格安スマホを提供している会社と考えればよいでしょう。



このMVNOは定義のとおり無線通信回線設備を有しないにも関わらずサービスを提供しています。

しかし、スマートフォンが機能するためには自分のスマートフォンの電波が無線通信回線設備である近くの電波塔まで届いてはじめて機能するものなので、MVNOは無線通信回線設備を有している会社からその回線を使用させてもらう等の契約を結ぶことにより通信サービスを提供しています。



設備を有している通信会社の立場に立つとMVNOに回線を使用させて自社のスマートフォンユーザーをそちらに逃すような行為をなぜ行うのかというと電気通信事業法で一定の要件を満たす登録事業者については回線設備を使用を求められた場合には接続する義務がある運用がされているからです。



このルールにより登録事業者は接続させなければならない立場となっているのです。


そしてこの登録事業者は現在1社で他の回線設備を有している会社と比較しても安い価格で自社の回線設備を使用させています。

ですので複数のMVNOがこの会社の設備を利用してサービスを提供していく状況にあり、このような構造により競争が激しい状況になっているのです。