MVNOのメリットとデメリット

by author



昨今の通信端末業界をけん引しているひとつの事業として、MVNOがあります。

MVNOは大手の携帯電話通信キャリアでは実現していない格安のSIMカードを販売、扱っている企業で、大手キャリアの通信インフラを借用するかたちでSIMフリー端末の通信を安価で提供しているのが特徴です。

MVNOを利用するメリットとしては、まず月々の通信料を非常に安価に抑えることができる点にあります。



大手キャリアと同等の通信量制限の環境でも大手よりも半額以下となっており、通信速度も相まって大手キャリアが提供している通信サービスと同程度の水準でスマートフォンなどを扱えるようになっています。

また、扱うSIMフリースマートフォンの種類が豊富ということ、そしてそのスマートフォンやタブレットの価格が非常に安価なものから高価なものまで幅広くあり選択肢が多いということもメリットのひとつと言えるでしょう。反面MVNOを利用するうえでのデメリットは、大手キャリアから通信インフラを借用しているかたちで無線通信の環境を提供しているため、多くの人が利用する時間帯では通信速度が低下するという点が挙げられます。



MVNOが普及しはじめた頃はこの点が特に問題視されていましたが、昨今では独自にインフラを設けている場合もあり、全体的に改善されたという評価が多くなってきました。



また、端末自体が壊れてしまったときのアフターサービスの質も大手キャリアと比べると劣るということもデメリットとなります。