MVNOのしくみを解説

by author



MVNOとは、仮想通信事業者と言われ、大手の通信設備を使って自社のサービスとして提供する事業者の事をいいます。近年よく耳にする格安スマートフォンはこのことです。

業者の中には通信サービスだけを提供しておりSIMカードのみの契約をするものもあれば、SIMフリー端末とセットで契約できるものもあります。最近のスマートフォンの場合はSIMロックを今使っている携帯会社で解除して、別の会社でSIMのみを契約することで機種を変えることなく格安料金でスマートフォンを使うことができます。



MVNOは大手に対してお金を払うことで自社が使うことのできる電波の量を買っていますので、契約する会社によっては通信速度が一時的に遅くなることもあります。しかし有名どころのMVNOなら大手に対して買っている電波の量も多いですので通信速度が遅くなりにくく、比較的安定して通信や通話を行うことができます。

MVNOでSIMのみを購入する場合には、SIMの周波数とスマートフォン本体の周波数が対応しているかを必ず確認する必要があります。
周波数が対応していないと通信を行うことができませんので必ず確認が必要な内容です。



格安スマートフォンを契約するときには機種に気を取られてしまいがちですが、通信速度はどのスマートフォンでも同じ会社ならすべて同じというわけでないので、各スマートフォンの機種ごとの通信速度も気にしましょう。店頭のスタッフに対応しているバンドについて問い合わせると答えてくれます。